とよのくに【上】

 千代は勝手知ったる大叔父の居城内を闊歩していた。
 母ー天下人である大御所の初孫、しかも正真正銘の世嗣であった父の初子の姫、まさしく徳川家の総領姫であり、その生母は織田信長公の姫だーの死後、そして父が出家以後、一層頻繁に、登城するようになっていた。
 幼い頃から江戸邸に住んでいたから、父の所領よりずっと江戸府内更には城にこそ愛着や親しみも持っている。

 奥殿の御台所の寝殿に真っ直ぐ入り、左右に平伏する侍女達は無視して目的地迄突き進んだ。

「御台様!どうにかして下さいませ!」
 文を手にしていた御台所は、千代が目の前に立って地団駄を踏むと、おっとりと顔を上げ、初めて驚いたように黒目がちの大きな瞳を丸く見開いた。

「まあ、千代姫。いついらしたのです?」
「いいから、聞いて下さいませ、御台様!」
 御台と呼びつつ、幼い頃から可愛がってくれた義理の大叔母だ。

『義理』と言っても血の繋がりがない訳ではない。
 千代の祖母はー未だ京で健在だがー大叔母にとって母方の従姉に当たる。

 又、千代が、将軍家一の姫と同い年ということもあって、機会ある毎に衣や飾り物や用意してくれたり、歳時には城に招いて娘同様の扱いをしてくれた。
 大坂に七歳で輿入れしたという一の姫の事は、千代は明確には覚えていないが、御台所、更には将軍にとって、己は一の姫の身代わりのようなものなのだろうと単純に考えている。

「何かあったのですか?まさか、何方か病にでもなったのではないでしょうね」
 不安そうに美しい瞳を瞬かせながら、更には詰め寄っている千代の髪を優しく撫でてくれる御台所に、千代は一層目に力を込め、更には拳を握りしめて訴えた。

「上様ったら酷いのです!私のこと、養女になさるんですって!」
「あら、そうなのですか」
 御台所はほんわりと微笑み、だが千代には悲しそうな瞳を返して来た。

「千代姫は私達の娘にはなりたくないという事ですか?……私達は貴女のこと、今迄だって娘のように思っていましたのに」
「あら。そうじゃないの」

 優しい大叔母を傷付けてしまったらしいと気付いて、慌てて千代は手を振って否定した。

「私だって上様と御台様の養女にして頂くのは嬉しいし、光栄に思っておりまする。でも、あの、そうじゃないの」
「……」
 涙もろい御台所の瞳に燦めく物を見つけ、千代は更に、御台所の手を取り己の頬に当てながら訴える。

「上様ったら、私を養女にして、私が顔を見たこともないひとに嫁入らせようとしているの!それも私よりずっとずっと年寄りなのよ!」
「まぁ」
「私、私、年寄りの狒々爺と結婚なんてしたくない!そんなの、絶対絶対嫌!」
「まぁ……」
 御台所に思いっきり抱き着く。
 常の如く、千代の勢いに流されたのだろう、御台所は優しく千代を抱き締めてくれた。
 それだけで大いに慰められ、半ば以上機嫌を直して千代は高雅な香がする御台所の柔らかな胸元に頬擦りした。

「……そういえば上様が姫の縁談の事をお話になっておられましたね」
「あら。御存知だったのですか?」
 心地良い時を破られたような気がして千代は頬を膨らませて大叔母を上目遣いで睨む。
 だが大叔母は首を傾げて少し眉を顰め、己の考えを追っているようだ。

「でも……上様は、姫をそんな、年老いた方に娶せたりはしない筈ですけど。いつも姫には是非に確りとした前途有望な殿御に輿入れさせたいと仰せでしたし」
「そうなのですか?」
「ええ。万姫や国姫、亀姫は大御所様がお世話しておられるから……千代姫は御自分が責任を持って、他の姫達に負けぬ婿君をと、張り切っておられましたもの」

 何故か嬉しそうに「上様は負けず嫌いですから」などと御台所が微笑むのに千代姫は頷いた。
 千代には穏やかで優しい顔しか見せない大叔父が、為政者としては厳しい一面を持っているとは、知っている。

キャラ投票♪創作予定に反映させて頂く、かも。


update : 2014-01-11[sa]

authored by ichimiya